フラ衣装レイ(lei)紹介!アロハ(Aloha)が込められた愛情深い贈りもの!

Blog

Aloha!プレス担当Mです。

みなさんは、レイにどんなイメージを持ちますか?

ハワイ旅行行った際、首にかけられる花輪のイメージを思い浮かべることが多いと思います。

今回は、フラ衣装でも使われるレイについて、深く掘り下げて行こうと思います。

この記事を通して、ハワイ旅行でいただくレイのアロハの想いや、フラをやっている人は、衣装としてのレイを深く理解し、より想いをこめて踊ることができますので、最後まで読むことをおすすめします。

それでは、いってみましょう!

◆アロハの詳細はこちら

プロフラダンサーYUHKI

2013年:フラ始める

2015年:カノエ・ミラー氏に師事

2018年:プロフラダンサーとして活動開始

2019年:ハレクラニ沖縄のステージに立つ

現在に至る

プロフィール詳細はこちら

レイとは

ハワイ旅行に行った際に、首にかけられるハワイアンな花の首飾りをイメージをすることも多いレイですが、フラの衣装の一部として知られています。

レイ(lei)を訳すと、「花輪」という意味で、そのほか「愛する子供」「妻や夫」「恋人」「兄弟・姉妹」など身近な人びとを表す言葉でもあります。

また、愛する人へ、アロハ(=尊敬や愛の気持ち)をたっぷりと込め、感謝し、しあわせを分かち合うために贈るのがレイで、ハワイでは誕生日や結婚式などのお祝いごとや、葬式や魔よけ、おそなえ、社会的地位を示す象徴としても用いられています。

つまり、レイとは単なるアクセサリーではなく、ハワイの歴史や文化、祈り、想いなどが込められたとても深い意味を持つものなのです。

レイは、花や葉っぱで作られているというイメージですが、これらを使うのが主流になったのは19世紀以降で、それまではシダや海藻、くだもの、貝殻などで作ってました。

レイが始まったころは、イノシシのキバや犬の歯、髪の毛、ホネ、鳥のハネといった動物の一部でレイを作っていたようです。

現在は、植物やくだものなどが主流で、新しい素材としてセロファンや紙を使用しているレイもあります。

レイの歴史

レイの文化は、12世紀頃にやってきたポリネシアンたちによってもたらされたと考えられており、古来より魔よけやお供えもの、社会的地位の象徴として用いられました。

その後19世紀頃に旅行者や移住者によって、以下の植物が持ち込まれました。

  • カーネーション
  • クチナシ
  • ジャスミン
  • マリーゴールド
  • パンジー
  • プルメリア
  • バラ
  • スミレ  など

これらの植物を利用することでレイは大きな進化を遂げました。

レイの言い伝え

ヒイアカからペレへ

癒やしの女神であるヒイアカが、姉であり火山の女神ペレに対し、赤い花のレフアを花飾りにしてささげたことが、ハワイにおけるレイの起源であり、そしてレイを相手へ贈る習慣になったとされています。

このレイには感謝の気持ちや尊敬の念だけではなく、レイを神の分身として自然からマナを取り込む想いも込められているようです。

◆女神ヒイアカやペレの詳細はこちら

オアフ島に伝わるレイの伝説

オアフ島のエヴァ地区に古くから伝わるお話です。

昔、この地区の酋長の娘が海へ泳ぎに向かっていたところ、オレンジ色のきれいなコウの花のレイを身につけた老婆に出会いました。

どうしても、そのレイが欲しくなった娘は老婆に頼みますが、自分で作りなさいと断られてしまいます。

あきらめきれない娘は、何とか手に入れようと悪だくみをして、しつこくつきまといます。

怒った老婆は、サメたちを呼んで、娘をエサにして食べさせてしまいました。

この伝説から、エヴァ地区の人はコウの花のレイは身に付けなくなったと言われています。

レイに関する記念日

5月1日:レイ・デイ

「5月1日はメイ・デイじゃない?」と思われる方も多いと思いますが、ハワイでは“May Day is Lei Day”と言われるように、この日を「レイ・デイ」と定め、毎年様々な場所で祝賀イベントが開催されています。

レイデイセレブレーション

レイ・デイのイベントの中でもっとも大きく、観光客でも楽しめるのがオアフ島で開催されるレイデイセレブレーション。

見どころは、以下の二つです。

  • レイ・コンテスト:手作りレイの芸術性をきそう
  • レイ・クイーン&コート任命式:3月の選抜テスト(フラの熟達度やハワイ語スキル、レイメイキング等)により選ばれたレイの伝統を伝える3名のアンバサダー任命式

その他、フラの発表やハワイアンミュージック生演奏をききながら、ゆったりした時間も過ごせます。
またフードトラックも出店しているため、ハワイアンな食も堪能できます。

6月11日:キング・カメハメハデー

ハワイ王国を統一した英雄、カメハメハ大王の生涯を祝うハワイ州の祝日であるこの日は、ハワイ中の学校や公共機関がお休みになります。

また、6月11日前後の週末には、各地でパレードや音楽コンサートなどはなやかな記念行事が開催され、カメハメハ大王の像に多数のレイがささげられます。

◆キング・カメハメハデーの詳細はこちら

レイのカタチ

レイは空港で渡されるようなリング型のイメージが強いと思いますが、リング型をつけられない場合は直線上のオープンタイプの、オープンレイを使用することがあります。

このタイプは、特に妊娠中の女性などに贈る際に用いられ、リング型だとへその緒と絡まってしまうからという言い伝えから使用しないようです。

レイはフラにとっても大事なアイテムであるとともに、ハワイの人にとって様々なシーンで用いられる特別な装飾品です。

レイの材料

現在のレイ作り(レイメイキング)で人気の材料を紹介します。

レイメイキングで人気の葉っぱ

  • ティリーフ(ティーリーフ):ハワイの定番で希少
  • タバリファンなどシダ系リーフ
  • ドラセナ:赤色などもある
  • ハラン:青ハラン、縞ハランなど
  • ミスカンサス(リリオペ)
  • 入才:繊維質で固い葉
  • キキョウラン:入才より柔らかめ
  • ゴアナクロウ
  • ヤシ類:南国といえば
  • ポリシャス
  • クロトン  などなど

レイメイキングで人気の花

  • カーネーション(一輪);丈夫で使いやすい
  • スプレーカーネーション
  • バラ:色や種類が豊富
  • スプレーバラ
  • プルメリア
  • ガーベラ
  • かすみ草
  • ヒヤシンス(冬季のみ)
  • 千日紅
  • スプレーマム
  • スターチス
  • ヒペリカム
  • デンファレ
  • モカラ  などなど

アクセントになる花

  • アンスリウム
  • ひまわり
  • ゆり

植物以外

  • リボン
  • セロファン
  • 毛糸
  • 造花  などなど

フラにおいてのレイの材料

フラを踊るとき、踊る曲によって身につけるレイの材料(花・貝・木の実・葉っぱなど)が違います。

たとえば、バラの花のことをうたった曲ではバラのレイを身につけます。マイレイの葉を使うときは、邪心をとりのぞき、お清めをするためです。

他にも、レフアという赤い花は火山の神ペレに捧げるときに使い、イリマの花を使ったレイは、千枚以上の花びらで作り、大切な人への贈り物に使用されます。

また、フラカヒコ(古典フラ)の際に使われるグリーンレイは神聖なものとされ、 それを作るための植物は女神がこのむ葉っぱや心身をいやすといわれる葉っぱを使います。

レイの種類

雄大な自然に囲まれたハワイ。さまざまなレイには、人々の愛してやまない自然と密接な関わりを持つと考えられています。

  • 山や森:ククイレイ(ククイナッツ)
  • 葉:グリーンレイ(葉の緑の部分)
  • 花:フラワーレイ(一般的なレイ)
  • 海:シェルレイ(貝殻)
  • 鳥:フェザーレイ(鳥の羽)
  • 動物:ボーンレイ(動物の骨)

フラワーレイ

フラワーレイは、花の種類によって、用途や意味が違います。いくつか紹介します。

  • オハイアリイ:赤黄のカラー、もともと身分の高い人用だった
  • ハラ:卒業式や入学式など用。やまぶき色の果実”パンダナス“で作られる
  • プルメリア:思いやり・協調性・喜び・謙虚・素直の意味が込められた5枚の花びら
  • ピカケ:花嫁用。未開花の真っ白なジャスミンを数珠つなぎしたもの
  • マイレ:花婿用。輪になっていない、オープンレイ
  • ティリーフ(ティーリーフ):ティリーフは葉っぱを主に使いますが、邪気を払って心身をいやす。ユリ科植物で、フラのスカートにも用いられる

レイを身につける場所

レイを身につける場所を思い浮かべたとき、まず首、そして頭だと思いますが、フラでは手首足首にもレイは使われます。

フラではレイは身につける場所によって種類が異なります。

レイ・ポオ(Lei Po’o)

頭につけるレイ。心が集中するように、覚えたフラを忘れないようにという願いがこめられています。 

レイ・クーペエ(Lei kūpeʻe)

手首足首につけるレイ。踊り手の身体が大自然のマナを得て心豊かに踊れるように、また振りを間違えないようにという願いがこめられています。

レイ・アーイー(Lei ʻāʻī)

首にかけるレイ。フラを踊る際に一緒に歌う声が美しく優雅になるように、悪い気が身体にはいらないようにという願いがあります。

レイを贈られたら

ハワイでは、レイを贈られたら断ってはいけません。また、贈ってくれた相手の目の前で外すのも、他の人にあげるのも失礼な行為だとされています。

レイを贈るというのは、感謝や祝福など、作り手の想いが込められているからです。レイ作りは、根気のいる大変な作業なので、生半可な気持ちでは贈れないのです。

ただ、先述したとおり、妊婦さんは、輪になったレイを断わっても大丈夫。赤ちゃんにへその緒が絡まると信じられているからです。

その場合は、オープンレイといって、輪になっていない直線的な1本のレイが贈られることが多いです。

レイの注意点

前述のレイを贈られたときの注意点のほかにも、以下のような注意点はあります。

  • 身につける順序は下から
  • 他人にあげてはいけない
  • 捨てるときには自然に返す

それぞれ解説します。

身につける順序は下から

もともとフラは神や自然にささげる、神聖な踊りであることから、レイの付ける手順も決まっています。

レイは、足首、手首、首、頭という順に下から上に行くように付けていきます。フラでは神の信仰だけではなく、自然への信仰もかねており、大地の気やパワーである「マナ」が、足の爪先から身体に入るとされているからです。

またレイを身につける際、人の目に触れないところで、チャントを唱えながらすることが正式な身につけ方と言われています。

他人にあげてはいけない

前の項目でも少し触れましたが、基本的に一度使用したレイは、他人にはあげてはいけません。

なぜなら、自分の持っているマナ(気、霊力)がそのままあげた相手に移動してしまうと考えられているからです。あげるとしても近親者までのようです。

捨てるときには自然に返す

絶対やってはいけないのが、ゴミ箱に捨ててしまうこと。

ハワイの人々は、レイにはマナ(精魂)が宿っていると考えますので、「捨てる」という行為自体が禁忌(タブー)となっているのです。

感謝の気持ちを忘れずに、レイは「海に還す」「土に還す」など自然界に戻してあげるのが良いです。

まとめ:フラ衣装レイ(lei)紹介!アロハ(Aloha)が込められた愛情深い贈りもの!

今回は、改めてフラ衣装でも使われるレイ(lei)について掘り下げてみました。

レイの歴史、記念日、種類、材料、身につける場所や注意点など取り上げましたが、レイがこんなにも奥深いものだと思いませんでした。

みなさんはどのように感じましたか?

ハワイ旅行の際、いただくレイの、ご自身への愛が深く感じられ、フラ踊る方は、想いのこもったレイを身につけることで、より愛情深く表現できるのではないでしょうか。

今後、レイ見つけたら、今日の内容を思い出してくださると幸いです!

プロフラダンサーYUHKIのスケジュール

想いのこもったレイを身につけて踊る、プロフラダンサーYUHKIさんのスケジュールはこちら!

◆フラのショーの様子など見られるインスタはこちら:https://www.instagram.com/yuhki522/

◆お仕事のご依頼・お問い合わせはこちら

タイトルとURLをコピーしました